人身傷害補償のメリット・デメリット

自動車保険の主たる商品に対人賠償保険や対物賠償保険がありますが、「賠償保険」という言葉の通り、「相手」の損害を補償するための保険です。つまり、「自分自身」の損害に対する補償はありません。そこで、自分や家族を守るための保険が「人身傷害補償保険」です。

この保険は契約している車に乗っている搭乗者が交通事故でケガを負ったり死亡したり場合に、保険金額の範囲内で実際の損害分全額が支払われる「実損払い」になっています。また、自分自身の過失に関わらず、入院や通院に要した治療費用や、仕事を休んだことによる逸失利益、また、慰謝料なども全額補償してもらえます。

さらに、以下のようなメリットがあります。
・通常、賠償金というのは示談が成立してからでないと受け取ることができませんが、この保険では示談の成立に関係なく保険金を受け取ることができます。
・契約者本人とその家族であれば契約車に搭乗中の事故でなくても、契約車以外の車(友人の車、バス、タクシーなど)に搭乗中の事故や、歩行中や自転車に乗っている時の事故による損害も補償されます。
・自分の運転ミスでガードレールにぶつかった単独事故や、当て逃げなどで相手のいない事故の場合も補償の対象になります。

ただし、補償の範囲が広いだけに保険料の高くなることがデメリットと言えます。

コメントは受け付けていません。