自動車保険と等級の役割について

自動車保険の保険料は、加入者の事故率が少なければ少ないほど、保険料が安くなる仕組みを採っています。
車のドライバーがよく事故を起こせば、保険会社が支払う保険金が多くなります。逆に、安全運転をして事故を起こさない場合は、保険金を支払わなくて済みます。そのため、事故が多い加入者と事故を起こさない加入者を同じように扱うのは、かえって不平等になってしまいます。
そこで、任意保険では、ノンフリート等級というものを設けています。この数値は20段階に分かれています。数値が1から3までは、保険料が割増しになり、4以降は割引きになります。そして、数値が高くなればなるほど保険料の金額が低くなります。
始めて保険を契約すると、数値は6(2代目以降の車は7)から始まります。そして、1年間事故を起こさず、保険を使わなかった場合は、数値が1つ大きくなります。
一方、事故を起こして保険を使った場合は、数値は一気に3つ小さくなります。以前はプロテクト特約を付けていれば、数値をそのままの値にすることが出来ましたが、現在ではほとんどの会社が特約を廃止しています。
また、等級は原則として、保険会社を変えた場合でも引き継がれます。また、車を買い替えた場合も、余程でない限り引き継がれます。

コメントは受け付けていません。