搭乗者傷害保険との違いについて

テーブル自動車保険にはいろいろな保険が含まれていますが、人身傷害補償に関してはよくわかりにくいとよく指摘されています。人身傷害補償とは自動車保険に加入している自動車を運転しているときに、死亡やけがをしてしまった場合に支払われる保険です。通常は相手との損失割合を判断して示談で補償額が決まりますが、この示談を待たずしてお金を受け取れます。
通常保険会社同士で示談交渉をすることが多いので、スムーズに進められることが多いです。しかし中には示談交渉がもつれてしまって、なかなか補償金を得られないケースもあります。その場合人身傷害補償に加入していれば、当面の治療費を受け取れるわけです。
これに似た保険として、搭乗者傷害保険があります。こちらの保険は、自動車に乗って運転しているときに運転手や同乗者がけがをした場合に支払われる保障です。両者ともに保障内容は似ています。
しかし大きな違いとして、人身傷害補償の場合過失割合に関係なく、保険示談交渉の完了の前に保険金を受け取れる所にあります。ですから人身傷害補償の方がスムーズに十分な保険金を受け取れるわけです。どちらかに加入していれば十分ではないかという意見もありますが、いざというときのために人身傷害補償にも加入すべきです。

コメントは受け付けていません。