等級の決め方

デスク01自動車保険の等級はノンフリート等級制度に基づいて決められています。等級は割引率に応じて分けられており、1等?20等までの20ランクで割り振りされ、20等級が最も割引され1等級は一番割増された料金がかかります。
初めて自動車保険に加入すると6等級からスタートします。その後の等級の決め方は、加入者が一年間の保険期間中に事故を起こしたかで判断されます。無事故なら1等級あがり、事故を起こしたら下がってしまいます。
この等級の下がり方は、事故の内容によって変化します。車同士の衝突、電柱への激突など大方の事故は3等級下がります。車両が盗難に遭ったり、台風・洪水の被害、いたずらなどによる人的被害でも1等級下がってしまいます。逆に事故で保険を利用しても事故にカウントされない場合もあります。この等級の分け方に関する制度は加入時と変化していることがよくありますので、定期的に保険会社に確認しておくことが大切です。
加入した時は深く考えていない自動車保険ですが、20等級と1等級では保険料に4倍以上の差がついてしまうことがあるので、自動車の扱い方のバロメーターを示していると言えます。自動車保険と同様に自動車の扱い方を見直して安全で経済的にも優しい生活を送ってください。

コメントは受け付けていません。