被害額より保険金が多くなる場合

}PgžxQ人身、搭乗者傷害保険の二種類は共通点も多いですが使い方や支払い方法が違います。搭乗者傷害保険とは加入している車の搭乗者が死亡、傷害をうけてしまった時に支払われる保険の事です。注意していただきたいのは正しい搭乗位置に登場している方のみということです。後部座席3人のところを5人でのっていたり、トラックの荷台に乗っている人などは対象外です。
支払い方法は死亡の場合は基本的に全額、傷害の場合は契約時に決めた定額を決められて日数支払う方法と、怪我の部位、症状によって決められた金額を支払う方法の3種類があります。
大きな特徴として過失割合に関係なく定額を支払われるという点があります。不注意による単独事故で怪我をした場合などでも適用されるので殆どの場合で保険金を得られる可能性が高いです。
人身傷害保険も大部分が搭乗者傷害保険と同じ性質ですが事故を起こした場合に違いがでます。搭乗者保険では一定額の支払いに対し、人身傷害保険では契約時の金額を限度に実際の被害額を支払うことができます。こちらの過失が0で相手の過失が10の場合に相手が払ってくれないという自体が発生した場合でもしっかりと対応できます。人身傷害保険は必要な金額、搭乗者傷害保険は決められた一定の金額を支払うものです。